直截の時間(募集中)

気ままに書きます。勉学(課題の超過)によって停滞する可能性あり、タイトルは募集中だし良いのがあれば変える。

夜が長すぎて耐えられない

夜の長さが耐えられない。

 

社会人には激昂されそうな一文だが、曲がりにも療養中の身、許して欲しい。

 

朝起きる。筋トレをする。本を読む。映画を見る。集中力がないので途中で諦める。食事をする。本を読む。少し映画の続きを見る。飽きる。

そんなこんなをしている内に外が暗くなってくる。

自分ではどうしようもない、鬱への根源。暗さ。

 

コロナは引きこもるに良い大義名分を与えてくれ、自己暗示にもうってつけな理由となったが、外に出ることのない日々も強制してくる。

 

そうこうすると夜はやってくる。気鬱な時には永遠とも思える、長い、長い、夜。

明けない夜はないなら、沈まない日もない。

 

早寝早起きをするようになった。

夜の長さが理由ではないが、かつてのように日が昇るまで寝られないなんて状態、想像するだけで気が狂いそうだ。

 

日中にやるべきことがある人間には夜は短すぎる。

一日中やるべきことがない人間には夜は長すぎる。